ハイヤーとタクシーの違いと利用法をご紹介

ハイヤーは、タクシーと同じような目的地まで運んでもらうための乗り物ですが、タクシーのような流し営業はしていません。完全予約制で貸し切りの乗り物で、営業所を出庫してから営業所に帰るまでを含めて料金計算されます。運賃は時間制か距離制となり、タクシーの運賃を下限とする公定幅運賃が適用されます。タクシーと同じくらいの運賃で利用できるハイヤー会社もあります。
タクシーの屋根についているようなライトやマークがなく、一般的に高級車が多いです。また、タクシーは公共交通機関ですが、ハイヤーは個人輸送機関と呼ばれています。エグゼクティブ層が利用するケースが多く、運転技術やホスピタリティに優れ外国語が堪能なハイヤー乗務員が多いです。

ハイヤーの利用方法は様々ですが長期契約する場合は、ビジネス利用をする方が多いでしょう。会社役員や重役の方などが、専用の車両と専属乗務員を契約して利用することができます。移動時は誰にも邪魔されず仕事に専念したり、休息をとったりできるため時間の有効活用ができます。乗務員は守秘義務を守るため、車内でのビジネスミーティングも可能です。

スポット送迎のように、短期の利用も可能です。営業先まわりや、年末年始の挨拶まわり、出張先などで利用することができます。毎回タクシーを探すよりも、効率的な移動が可能です。また、電車と異なり周りを気にせず車内で打ち合わせができるというメリットがあります。当日配車に対応しているハイヤー会社なら、急な出張にも対応できます。

ビジネス以外でも、冠婚葬祭などのイベントで利用することもできます。結婚式の仲人やお世話になった方、お客様の送迎を頼むことができます。まとまった台数のハイヤーを手配することもできますし、ミニバンタイプの車両を手配することも可能です。大人数で利用する場合は、セダンタイプよりも乗車人数の多いミニバンタイプの車両を利用することによってコスト削減につながります。

ハイヤーは旅行にもおすすめです。混雑を避けた、ゆったりと優雅な旅行が可能です。高級車に乗りながら、密を避けた楽しい旅行をしてみてはいかがでしょうか。モデルコースがあるハイヤー会社も多いですので、ホームページなどで確認してみましょう。
また、ここに行きたい、美味しいものを食べたいなどのご希望や予算があれば、それをもとにプランを組んでくれるハイヤー会社が多いです。観光情報に詳しい乗務員も多く、観光ガイドをお願いすることができるケースもあります。さらに、観光スポット、最新スポット、観光ガイドに載っていないような地元スポットなどを効率的に回ってくれるようお願いすることもできます。車窓観光をメインにして、効率的にたくさんの観光地を回ってもらってもよいでしょう。乗車時にはステップを用意してくれるなどのサービスのあるハイヤー会社もありますので、足が悪い方も安心です。東京から、富士山周辺まで日帰り観光を依頼することもできますし、1泊以上のツアーをオーダーするなどさまざまな利用方法があります。

また、プロポーズなどのイベントなどにもぴったりです。高級ハイヤーでサプライズなお迎えをし、お二人の想い出の地や夜景やイルミネーションの見える場所へ行き、シャンパンで乾杯したりできます。結婚記念日や、誕生日、クリスマスなどでも利用可能です。ハイヤーを利用すれば、いつもとは違った雰囲気を演出でき記憶に残る思い出になるのではないでしょうか。

個人輸送機関であるハイヤーは、感染症対策の面でも安心です。タクシーと違い、運行終了ごとに換気や消毒を徹底することができるため、安心安全な分散型旅行におすすめの乗り物です。

新着情報

2020年12月24日
ホームページを更新しました。