ハイヤーは色々な利用の仕方がある

ハイヤーは、移動手段の一つですが色々な利用の仕方があります。まずは通常のハイヤーとして利用する方法です。企業などでは、役員や来賓の送迎や視察などでハイヤーを使うことが多くあります。ゲストの目的に合わせて時間単位で依頼できますし、海外からの来賓にも対応できるように、英語が堪能なドライバーに、担当についてもらうことも可能です。ハイヤーの良いところは高級車で送迎ができるところです。車種はいくつか選べるので、相手に合わせることもできます。ビジネスでの利用のときも、アポイント先で用事が終わるまで待ってくれます。そのため帰りの車の手配をする必要もありません。

また、観光にもハイヤーは利用できます。ただ観光地を回ってくれるだけでなく、日本語や英語で案内もしてくれます。観光バスと違い、行きたいところをオーダーメイドでプランが作れるのもいいところです。希望の場所や食べたいものを伝えて、プランナーのアドバイスを取り入れながら観光プランを作ることで、満足できる旅行になります。

最近の利用が高まっているのが、結婚式やプロポーズなどプライベートで特別な日に利用する方法です。事前の準備から演出までプランナーに相談することができます。サプライズ演出にも対応しているので、特別な思い出にしたいときに利用するのもいいでしょう。
どこか目的地がなくてもハイヤーは利用できます。貸し切りで夜景をめぐるといった利用方法もあります。車内でドリンクなどを用意して、夜景を見ながらシャンパンを楽しむのもお洒落な使い方です。さらに車内をデコレーションすることもできるので、写真に撮って残しておくといい思い出になります。少し贅沢な女子会や誕生日などのサプライズ演出としておすすめです。パーティー用に大型車を用意することもできるので、グループで楽しむことも可能です。ドライバーが記念撮影の手伝いなどのサポートをしてくれることもあります。

ハイヤーというと大人が利用するイメージがありますが、ウェルカムベビーなどの特別な日にも使えます。赤ちゃんが生まれて家に帰るの日は、家族の一員になる大切な日です。退院をした病院から自宅まで送迎してもらえ、予約してベビーシートも用意してくれます。生まれたばかりの赤ちゃんにも優しいサービスです。ハイヤーならば、おじいちゃん、おばあちゃんなど人数が多くてもそれに応じた車で、細やかに配慮をしてもらえるので安心です。ハイヤーは費用も高い分、サービスの質も高くなっています。