インバウンド対応が可能なハイヤー

国内では、インバウンドと呼ばれる海外からの観光客数が近年急速な増加を見せているため、土産物店やレストランをはじめとする観光産業の現場では、国内観光を楽しむ日本人だけでなく、外国人への対応も多くなっているのが実情です。

海外から訪れる人は、本人が日本に対する個人的な好意をもって訪れる場合もあれば、日本にいる友人知人の誘いを受けて訪れる場合もあります。特に後者のケースの場合を考えてみると、国内の交通機関はいまだに案内やシステムが複雑だったり、海外の人には分かりにくいものとなっていることが多くあり、不便に感じてしまうことも多くなります。もちろん、ガイドブックや道案内のアプリなど、様々な方法で移動手段を確認することはできますが、限られた時間内でしっかりと観光を楽しんでほしいと考えるなら、注目しておきたいのはハイヤーの存在です。

日頃、バスやタクシーを利用することはあっても、ハイヤーを利用する機会はあまりないという人も少なくありません。だからこそ、ハイヤーのメリットを虚心坦懐に調べてみる価値はあります。一般にタクシーはハイヤーに似た乗り物と考えられがちですが、利用方法などの面で違いが見られます。タクシーは不特定多数の人が電話で利用する都度営業所から呼び出す、あるいは、いわゆる流しとして道路を走っている車両を、その場で停車させて乗車するスタイルです。

一方ハイヤーの場合は原則的に予約をして、車両とドライバーを特定の人が貸し切る形となります。貸し切りをしている間はまさに専属状態ですので、自由にプランを立てて観光地を案内してもらうことができます。また、観光時だけでなく、空港や駅など到着したその場に送迎で来てもらえるところが魅力です。空港などでは、到着ロビーに降りてきたらすぐに分かるよう、案内板を持って出迎えてくれるハイヤーのドライバーもいますから、初めて日本を訪れる場合でも迷うことがなく、有り難いシステムです。加えて、発着の遅れなどにもしっかりと対応してもらえるので、安心できるでしょう。

ハイヤーは、車両も高級車を扱っているだけに乗り心地が良いですが、そのサービス面でも満足と納得ができるのが特長です。特にハイヤーの場合には、外国語に堪能なドライバーが在籍しているケースが多いほか、貴人の相手をすることもあって、ホスピタリティにあふれているのが大きな違いです。そのためインバウンド需要にとってもぴったりな移動手段といえます。